脱毛は銀座でするべき

医療レーザー脱毛ができない場所もある

医療レーザー脱毛は、処理が面倒なムダ毛を半永久的に生えてこなくできるのが魅力です。

下着からはみ出して格好悪い陰毛、油断すると長く伸びてしまいがちな指の毛、毎日剃っても元気に伸び盛るすね毛やわき毛など、面倒なムダ毛は一杯ありますね。しかし、全身のムダ毛を無くしたいと希望していても、医療レーザー脱毛ができない部位もあるのです。レーザー施術不可なのは、どんな場所の毛なのでしょうか。医療レーザー脱毛ができない場所は、大きく二つに分かれます。粘膜部、そしてメラニン色素が多い場所です。粘膜部というのは、口の中のように皮膚に守れていない場所です。

体の内側に繋がる表面がピンク色の場所と言えばいいのでしょうか。鼻の内側、女性器、お尻の穴のような場所に生えている毛はレーザーを当てられません。粘膜部はとても弱くて傷つきやすいからです。確かに鼻毛も脱毛できたら身だしなみが楽になりますし、お尻や女性器の近くまで生えている毛を無くせたら生理の時など衛生的に過ごせて良いものですが、リスキーなので施術してくれるクリニックはほぼ無いでしょう。

メラニン色素が多い場所というのは、肌色ではない場所です。乳輪や唇など赤や茶色がかっている場所、シミや黒子などができている場所、そして股間など色素沈着で黒ずんでいる場所には医療レーザー脱毛を当てられません。しかし、マシンによっては表面の肌の色に関係なく施術できます。YAGレーザー、蓄熱式の脱毛機器など、レーザーに工夫が施されていて表皮に反応しないタイプの機器があるのです。乳輪や股間のムダ毛は絶対に許せないという人は、そういった機器を導入しているクリニックを探してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *