脱毛は銀座でするべき

医療レーザー脱毛における脱毛のメカニズム

医療レーザー脱毛における、脱毛のメカニズムというのがあります。

クリニックなどを利用して医療レーザー脱毛の照射を受けると、脱毛の施術をしたパーツからは、もうムダ毛が生えてこないです。特殊なレーザー光を照射下だけなのに、すごく疑問に感じてしまうでしょう。医療レーザー脱毛のスペシャル機器は、放つ特定の波長を持った、特殊なレーザーがポイントです。肌への照射で黒い色にだけ反応するという、レーザーならではの性質を活かしています。

レーザー光を肌へと照射すると、特殊な性質が活かされて、毛根のところにあるムダ毛の、色の黒い色素へと吸収されます。放射されたエネルギーは高い熱となりまして、熱の働きで毛の再生組織と毛根を過激に破壊をします。熱での破壊行為で炭化した毛根は、およそ2週間ほど経過しましたら、ぽろりと自然に抜け落ちます。だから、自分で毛抜きで抜く必要もなくて、放置すれば勝手に抜け落ちていきます。

体毛を生産する元になっていますのが、破壊をする毛母細胞になります。その毛母細胞の破壊によりまして、施術を細越他パーツからは、毛はもう二度と生えてくることはなくなります。医療レーザーを使った方法で、これが永久性を出すメカニズムとなっています。フラッシュ脱毛と呼ばれるサロン脱毛も、基本は一緒のメカニズムですが、使っている機器の力が弱いことで、十分な毛母細胞の破壊はできないために、永久性がない脱毛処理になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *